嵐の主演映画「黄色い涙」完成披露試写会、昨日開催☆



2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



の主演映画
  「黄色い涙」  (犬童一心監督、4月公開)
の完成披露試写会が昨日31日、東京都内で開かれ、
大野くん、櫻井くん、相葉くん、二宮くん、松本くん
ヒロインの香椎由宇さんらが舞台あいさつをしたそうです!!

関連記事>>
嵐主演・映画「黄色い涙」公式サイト&サントラ&DVD情報!

犬童監督が、嵐の演技力に注目して5人を主人公として映画化。
5人そろっての映画主演は「ピカ☆☆ンチ(ピカンチダブル)」
以来3年ぶり3作目となる。

1964年の東京・阿佐谷を舞台に、嵐が演じる5人の青年が、
それぞれの夢に向かって突き進む、というストーリー。 Ranking完成披露試写会では、
嵐のメンバーたちが生まれる前の時代背景でありながらも、
どこか懐かしいニオイのする作品に、
櫻井くんは
「2カ月間、青春を過ごしたような楽しい経験でした」。
相葉くんも
「結果がどうであれ、夢に向かっていく大切さを教えてくれました」
と振り返ったそう。
見どころは、ボサボサ髪にメガネの櫻井、麦わら帽子姿の相葉など、
普段のアイドルのイメージとまったく違う嵐の“ダサ男”ぶり。
銭湯のシーンでは、
櫻井くんが“半ケツ”を披露しながら、自由とは何か
を語るシーンも

二宮くんは「何でケツを出しているのかおかしくて仕方なかった。
翔くんファンからしてみたら、二度とないチャンスですよ!!」

当の櫻井くんは、自ら
「僕の半ケツを見てください」
と思い出し笑いしながらPRしていたそう。


 テーマ曲は劇中にも登場する嵐の「涙の流れ星」。
フォークギター1本による60年代を感じさせる楽曲だ。
シングル化の予定はないが、4月4日に発売されるサウンド
トラックに収録される。

【黄色い涙とは??】 
日本が高度経済成長に沸いた1964年の東京・阿佐谷が舞台。
漫画家を夢見る村岡栄介(二宮)は、歌手志望の井上章一(相葉)、
画家を目指す下川圭(大野)、小説家を志す向井竜三(櫻井)
に出会う。やがて、村岡のアパートで同居生活を始めた4人のさ
えない若者は、それぞれの夢に向かって希望と挫折を繰り返していく。
そんな4人の姿を心優しく見守る勤労青年の勝間田祐二(松本)の姿があった。

(以上、東京中日スポーツより引用)

仲の良いメンバー出演の映画だけに、
とてもよいものに仕上がっていると思います☆
大野くんが画家、二宮くんが漫画家など、
みんなイメージ通りの役どころですね!!
とっても楽しみですv(^▽^)v♪


スポンサーサイト

 



<<赤西仁、帰国情報・上原多香子ともまだ続いてるという噂 | Top | V6&TOKIO、30日付けオリコンデイリーNO.1に!!>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://pp0613.blog70.fc2.com/tb.php/418-f6e61f16
» FC2blog user only
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。