「テゴマス」スウェーデンデビューの裏事情



2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



11月15日にスウェーデンの大手レコード会社Ginza Musicから
CD 「ミソスープ」  (英語版)を発売し、
いきなり世界デビューを果たした 「テゴマス」
関連記事>>
NEWS『てごます』スウェーデンでデビュー
テゴマス「ミソスープ」日本でのCD発売情報

しかし、実は今回のCDデビューは数年間の準備期間をかけて
達成されたプロジェクトだとか。

何故、NEWSの手越くんと増田くんがスウェーデンデビュー??
と、とても不思議だったんですが、
こんな裏事情があったようです・・・

あまり知られていない話ですが、ジャニーズエンタテイメイントは、
一昨年からスウェーデンの音楽出版社・リアクティブ・ソングスインター
ナショナル(RSI)」に投資して、曲の提供を受けているんです。


スウェーデンでの音楽製作コストは、日本の2~3割程度安く済む
というのがそのメリットですね」(音楽制作業界関係者)

実際、スウェーデンの楽曲は質も良く、日本人の感性にも合うという。
RSIの曲はキンキのシングル「薄荷キャンディー」や
ジャニーズのアルバムの曲に採用されている。

「日本の音楽は、アジアの一部をのぞいて世界的にはまったく
注目されていない。しかしスウェーデンの音楽は違います。
スウェーデンの会社とコラボすることで注目を集め、
「世界進出を果たしたい」というのが
ジャニーズエンタテイメントの狙いの
ようですね
」(前出の音楽関係者)

実際にスウェーデンは世界第3位の音楽輸出大国。
製作が低コストだということと、世界進出を見据えて
ジャニーズは新たなプロジェクトを始動したようだ。

(以上引用)

ジャニーズがスウェーデンから楽曲提供されて
いたとは驚きです。
でも確かに、メロディアスな曲を好む北欧人と
日本人の感性は似ていると言われていますね。
さすがジャニーズ、 目の付け所がすごいです!!

大事なプロジェクトに選ばれた、
手越くんと増田くん。
歌唱力のある2人だし、
ビジュアルも外人好みかも知れません(o^v^o)





スポンサーサイト

 



<<KAT-TUNニューシングル『僕らの街で』明日発売☆ | Top | 「Pop Up! SMAP LIVE! 」DVD明日発売☆>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://pp0613.blog70.fc2.com/tb.php/296-bcc1ccf8
» FC2blog user only
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。