松潤主演『僕は妹に恋をする』榮倉奈々とキスシーン!?



2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



photo

結城郁には双子の兄・頼がいた。顔良し、頭良し、
運動神経良しの完璧な兄にコンプレックスを抱いていた郁。
だがある日、頼が寝ていた郁に突然キスをしてきて…。






松潤主演映画『僕は妹に恋をする』

松本潤にとって初の単独主演作となる
「僕は妹に恋をする」は双子の妹と兄の禁断の恋を描く。
(妹役を演じるのは女優としても活躍中の人気モデル榮倉奈々
原作のコミックではベッドシーンなど衝撃的で刺激的な描写があり、
映画ではキスシーンに緊張する榮倉に松本が
「持っているものを出すしかないから」と優しくアドバイスしたそう。
松本は「絶対に結婚できない2人。死ぬほど苦しくて…純愛中の純愛です」とPRした。


原作は売り上げが500万部に達する人気少女コミック。
「僕は妹に恋をする」「僕妹(ぼくいも)」の通称で、
中高生を中心に女性たちの圧倒的な支持を得ている話題の本。

刺激的なタイトル通り、18歳の双子の兄・頼(より)と
妹・郁(いく)が恋に落ちていくストーリー。
原作では刺激的な性描写も女の子たちをくぎ付けにしている。
今夏に映画化が決定してから、配役が注目されていた。


松潤が選ばれた訳!!
 松本は、やはり人気漫画をドラマ化したTBS「花より男子」で
独特のキャラクター・道明寺司を演じて話題になったばかり。
全話平均視聴率19・7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)
を叩きだし、今年10~12月期のNo・1連続ドラマに押し上げた。

これに続く出演依頼に「また人気のある原作のキャラクターを演じられてうれしいです」とコメント。
「兄弟なのにひかれ合ってしまう2人の独特で刺激的な関係を、
映画では奇麗に切なく描けたらと思います」と早くも作品にのめり込んでいる。

原作の青木氏は以前から松本に注目していたといい、
別の作品の主人公を「潤」と名付けていたほど。
「すごいですよ!松潤ですよ、松潤!!卒倒しそうになりました」と興奮を隠せない様子。作者も松潤ファンだったらし・・・。


東芝エンタテイメント、小学館などの共同製作で、
03年の「blue」がモスクワ国際映画祭などで高評価を得た
安藤尋監督がメガホンを取ることになり、かなり期待。

原作が連載されていた小学館「少女コミック」編集部では
「頼は理性と情熱のはざまで苦しむ難役」と指摘。
「松本さんはまなざしが印象的で鋭く、それでいて繊細。
相反する雰囲気を同時に持ち得る役者さん」と起用理由を説明。
 

松潤に注目が集まりまくってますねーっ☆
原作ファンだけでなく、もっと多くの人も釘付けにする映画に
なると思います!!公開が楽しみですネ♪

スポンサーサイト


<<KAT-TUN・田中聖プライベートプリクラ流される!? | Top | クーデター影響・・・「嵐」タイ公演中止。>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://pp0613.blog70.fc2.com/tb.php/185-74b6fdcb
» FC2blog user only
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。